Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




失敗談

エアコン購入の費用でもやってしまった失敗談

更新日:

マンションの購入でも失敗しているのですが、実は、エアコンの購入でもやってしまった失敗があるんです。マンションの購入費用とは比較にはならないほど微々たる費用かもしれませんが、「無知」って本当に怖いんだと実感しましたので、同じ失敗をしないように綴ります。

Sponsored Link

マンション購入のオプション

エアコンの購入でも失敗したと言っても、何千万円のマンション価格と比較するとほんの少し(といっても何万円)ですけれど、大きな金額が動くマンション価格で、金銭感覚が麻痺してしまうのかもしれませんね。

新築マンションを買う場合には、オプション販売として、フロアコーティング・飾り棚・カーテン・エアコン・ピクチャーレール・エコカラットなど色々とすすめられます。

その中でも、特に販売員にすすめられたのは、洗濯機の上に棚を作りませんかというものでした。「すでにマンションを購入して入居している人には、好評なオプションなんですよ。」とやたらとすすめられました。

しかし、洗濯機の横には造作の棚があるし、今まで洗濯機の上の棚を必要としたことはありませんでしたから、断り続けていました。

やたらとすすめられた理由は分かりません。本当に生活する上で便利だからというマンシヨン購入者目線で親切に言われたことであるならば、申し訳ありませんでした。

しかし、紹介マージンが懐に入るのが目的だったのならお断りして正解だと思いました。

ただカーテンだけは、窓の長さと高さが異なるため、入居当初から付いていた方がよいと思ったため、オプションでお願いすることにしました。

オプションのカーテンは、カタログを見ても値段がピンキリです。高いカーテンは、目が飛び出るくらいでした。幸い、角部屋ではないので窓の数が限られていましたので、予算内で収まるように計算しましたが。

エアコンもオプション販売に入っていましたが、量販店やネットショップで購入した方が明らかに安いのが分かっていましたので、オプション販売での購入は行いませんでした。

エアコンは量販店で購入

新しいマンションに引っ越しした季節は、まだエアコンを使う季節ではありませんでしたので、しばらくはエアコンなしで過ごしていました。

しかし、夏が近づくにつれて、「やっぱりエアコンが欲しい。」ということになりました。

エアコンは、季節商品ですから、需要が多い夏場の季節に近づくにつれて、エアコンの価格も高くなるし、希望の日に取り付けをすることができません。

Sponsored Link

エアコン取り付け時期

もっと早く、エアコンを取り付けるべきだった。」と失敗を後悔したものです。季節商品であるエアコンは、購入時期によって値段が違うのです。

エアコンを販売しているのは、ヤマダ電機・ケーズデンキ・ビックカメラなどの量販店で購入すべきなのか、ジャパネットたかたなどの通信販売で購入すべきなのか迷いましたが、結局、実際のエアコンが見れて取り付けもしてくれる家電量販店で購入してしまいました。

エアコンを安く購入できる時期は、夏が終わりかけの9月なんだそうです。そろそろエアコンの時期も終わりという頃と各量販店の中間決算である9月は、売れ残りのエアコンを格安で販売するのだそうです。

売れ残りだからと言って、使い勝手や性能がよくないのではと思うなかれ。10年以上使用しているエアコンに比べれば、断然、電気代が安く性能が上がっています。

来年の夏のために、9月に買い替えるのもよいですね。

エアコン取り付け電圧

安く購入したためなのかエアコンの取り付けが、ちょっと雑だと感じましたが、最大の失敗をやらかしたことをマンションで実際に取り付けているときに分かったのです。

エアコンを使う部屋の畳数は購入時に確認しましたが、実は、エアコンを取り付ける場所に来ていた配線の電圧は、200V(ボルト)だったのです。

購入したエアコンは、100V(ボルト)で動く機種だったのです。購入時に店員さんから、ボルトの説明があれば確認したのですが、説明がなかったので畳数と値段だけで決めてしまいました。

エアコン設置工事の時に、「電圧変更が必要です。」と言われ、、せっかく業者が設置までしようと持って来ているからと思い、電圧変更をしてもらうことにしました。

あとからネットで調べると、100Vから200Vへ電圧を上げる工事は良く聞くが、逆に200Vから100Vへ下げる工事はあまり検索しても情報が出て来ませんでした。

ということは、せっかくの200Vをムダにしてしまったのかと後悔しましたが、せっかく購入したエアコンだったので仕方なく使用しています。

当然、電圧変更工事をするために、料金がかかりました。金額は大したことはありませんでしたが、予想外のところで料金が発生するのはショックでした。

おわりに

エアコン購入の費用でもやってしまった失敗談でした。無知って怖いですね。みなさんは、失敗しないようにしてください。使用するエアコンの電圧(ボルト)まで考えて購入しましょう。

夏の暑い時期に、エアコンなしで過ごすことは困難となっています。もっと早めにエアコン購入を検討すべきと反省しました。

エアコン購入の費用でもやってしまった失敗談

購入時期と使用電圧(ボルト)で失敗してしまいました。

【関連ブログ】





-失敗談

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.