Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




管理組合

反社会的勢力の排除の契約書はマンションでも確認を!

投稿日:

入江慎也、宮迫博之、田村亮らのお笑い芸人による闇営業(直営業)問題で発覚した反社会的勢力とのつながりが大きな社会問題として話題になりました。マンションでも、管理委託契約書を管理会社と結びますが、「反社会的勢力の排除」の項目が盛り込まれているのか再確認が必要です。

Sponsored Link

反社会的勢力の排除の契約書はマンションでも確認を!

2019年6月7日発売の写真週刊誌「フライデー」に、振り込め詐欺グループの忘年会に入江慎也、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮などが参加していたことが報じられました。

吉本興業を通さずに行ったいわゆる闇営業(直営業)の対価として、宮迫博之が100万円、田村亮が50万円受領していたが、初めはノーギャラだったと嘘をついていたことが分かり、さらに話題が大きくなってしまいました。

2019年7月20日の宮迫博之&田村亮の吉本興業ノータッチの謝罪会見では、田村亮から「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫や!」という爆弾発言が語られるなど反響が大きい闇営業問題だと思いました。吉本興業は、ブラック企業の仲間なのだろうか。

反社会的勢力だと分かっていて引き受けた仕事なのか本当に知らなくて引き受けた仕事なのかはオフホワイトですけどね。「私は反社会的勢力です。」と言って、近づくことはないでしょうから、反社会的勢力だと分かっていたのかは疑問です。

特殊詐欺グループという反社会的勢力と闇営業があった事実は消えることはありません。「悪いことをしたら謝る。」、大人になると、できない人が多い中で、宮迫博之、田村亮の謝罪会見は新鮮に映りました。保身の為についた嘘はいずればれますよね。

今回は、お笑い芸人がクローズアップされた結果となりましたが、忘年会を行った会場も、反社会的勢力だと分かって貸したのかというのも疑問です。

Sponsored Link

マンションでは、管理会社と管理組合で管理委託契約書を結びます。マンション名の表示や管理すべき内容・費用負担・契約期間など、契約に関わる内容が記載されています。

管理委託契約書は、契約期間が満了する前に、管理委託契約の更新の際に重要事項説明を受けます。

前年に結んだ契約と同一の場合もあれば、前年と相違する場合もあるでしょう。重要事項説明を受けて、どこが違うのかを納得するまで説明を聞きましょう。内容が分からなければ納得のいくまで質問するようにしてください。

「管理委託契約書の変更を反映していますか更新時注意を」で綴ったように、管理委託契約書にも、第24条として「反社会的勢力の排除」が加えられているのか確認しましょう。

第24条の「反社会的勢力の排除」が管理委託契約書に加えられているかどうかで、管理会社の姿勢を見ることができます。

おわりに

反社会的勢力の排除の契約書はマンションでも確認をしましょう。管理会社からの重要事項説明がありますので、必ずご確認ください。

重要事項説明が開催される日程は、あらかじめ通知があるはずです。これを無視して、説明会に出席しない人がいますが、契約に関する重要な説明となります。

自分のマンションの管理を任せる管理会社との契約です。適切な契約が結ばれるのかどうかちゃんと確認しましょう。

吉本興業も、一連の闇営業(直営業)の問題を契機に、お笑い芸人に対する契約を交わしてほしいものです。曖昧な口約束だけではなく、きちんと契約書で結ぶべきと思います。

【関連記事】
反社会的勢力の排除の契約書はマンションでも確認を!
管理委託契約書の変更を反映していますか更新時注意を
善管注意義務違反の事例はマンションでも!対策は?
監事の仕事内容は会計監査だけではない!チェックリストで確認を!

反社会的勢力の排除の契約書はマンションでも確認を!

重要事項説明を聞いて確認を行うこと。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.