管理組合

マンション理事長代行の費用いくら?無料モニターを利用する手も!

投稿日:

理事長のなり手不足の解決策が、理事長を外部委託する方法です。株式会社メルすみごこち事務所では、「メルのプロ理事長」のリニューアルを記念して、無料モニターキャンペーンを実施しています。

管理不全のマンションとならないためにも、理事長の役割は重大です。しかし、近年実需の分譲マンションでさえ役員のなり手不足が叫ばれている中、投資用マンションではなり手不足が顕著となっています。

同じ人が数年に渡って、理事長を続けておられるマンションも存在します。マンション管理組合の理事長を外部の第三者に委託することも考えても良いかもしれません。

  • マンション理事長代行の費用は
Sponsored Link

理事長代行という手法

理事長のなり手不足で困っているマンションが多く聞きます。役員報酬の制度を設けるマンションもありますが、理事長としてふさわしい管理を行ってくれるとは限りません。

輪番制でやむなく理事となり、理事長はくじ引きで決めるなど、マンションの管理に熱意を持って行って頂けないこともあります。

仕方なく理事長を引き受けてみたもののきちんとした理事長がマンション管理を行わないと、生活上困ることも出て来る可能性もあります。

理事長の質が、マンションの質と言っても過言ではありません。どのような方が理事長を務めるのか極めて重要な問題なのに、「誰かがやってくれるだろう!」「私は関係ない!」という方が多すぎだと思います。

理事長が誰もいない場合は、思い切って外部の第三者に依頼することも解決策のひとつです。

マンション理事長代行の費用は

株式会社メルすみごこち事務所では、下記のような理事長代行の費用となっています。従来と比較して、代行費用の削減が行われています。

    • 投資用ワンルームマンション

旧(~25戸)38,500円/月 → 新(~20戸)36,300円/月

    • 標準マンション

旧(~25戸)44,000円/月 → 新(~20戸)42,900円/月

「メルのプロ理事長」のリニューアルを記念して、無料モニターキャンペーンを実施しています。

期間:2021年4月28日~2021年9月30日
「メルのプロ理事長(理事会廃止型)」・・・無料
「メルのプロ理事長(理事会存続型)」・・・半額

無料モニターキャンペーンを用いるのも、理事長代行の費用を抑える良い機会です。理事会が成立していない/機能不全のマンションにお住まいの方は、理事長代行の導入を視野に入れてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

理事長の力量が、マンションの価値や住みやすさを左右すると考えても良いのではないでしょうか。

機能不全のマンションでは、トラブルが発生し、適切な修繕が行われなくなることも懸念されます。

プロの理事長に代行を依頼することで、安心したマンション生活がおくれます。理事長代行に費用が必要となりますが、思ったほど高いわけではありません。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.