Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Sponsored Link




購入

住宅ローンおすすめの借り方は?変動金利か固定金利か?

更新日:

マンションを購入する際にお世話になる住宅ローンですが、おすすめの借り方は何でしょうか。住宅ローンを借りる場合に考慮するべき点があります。失敗のない住宅ローンを組むことが不動産を手に入れるコツとなります。変動金利vs固定金利が話題になりますが、どちらの住宅ローンが有利なのでしょうか。

Sponsored Link

住宅ローンおすすめの借り方は?

マンションを購入する際には、現金一括でない限り、お世話になるのが金融機関からの借り入れ「住宅ローン」です。

初めてマンションを購入する場合は、知っておいてもらいたい考慮するべき点があります。

一度住宅ローンを組んで、再度住宅ローンの契約を結び直すことは面倒だし、金融機関が受け付けてくれるのか分かりません。

失敗のない住宅ローンを組むために、以下の点を考慮して頂きたいと思います。

変動金利か固定金利か

住宅ローンには、大きくわけて変動金利と固定金利の2種類があります。よく「変動金利VS固定金利どちらがよいのか。」ということが話題になります。

それだけ、変動金利と固定金利どちらにしようかと迷っている人が多いということが言えるのではないでしょうか。どちらも一長一短があります。

変動金利の特徴は、なんと言っても一般的に金利が安いことが最大のメリットです。歴史的な低金利の時代、住宅ローンを借りるのならば、変動金利一押しという方も多いです。

ただし、半年毎に金利の見直しが行われることで、金利上昇のリスクが存在します。見直しの度毎に、金利が上がるのかもしれないという精神的な不安がついて回るのが変動金利となります。

変動金利の特徴として、「5年ルール」と「125%ルール」が存在します。一般的に5年後は、どんなに金利が上昇していても「返済額は1.25倍しか上がらない」というルールです。

一見、お得のように感じるかもしれませんが、返済金額の内訳は、利息部分が多く元本が減らないという状態となります。いくら返しても元本部分が減らないと住宅ローンの完済が遠のきます。

変動金利をおすすめするのは、「返済額が増えたとしても、家計に余裕がある人」です。小まめに繰り上げ返済を行って、変動金利のリスク回避が可能な場合は、金利の低い変動金利がおすすめです。

固定金利とは、当初定めた金利が固定されている住宅ローンです。金利が固定されているので、毎月の返済にブレがありません。家計の予算計画がきちんと立てられることがメリットです。

仮に、住宅ローンの金利が低くなったとしても、すでに借りた固定金利の返済額も少なくなることもありません。

固定金利をおすすめするのは、返済金額が一定であることを求める人です。安定を求め着実に返そうとする方に向いています。

Sponsored Link

10年固定という選択肢も

上記で綴った変動金利や固定金利ではなく、10年固定金利という選択肢もあります。当初10年間は固定金利で、10年を経過したら変動金利か固定金利に切り替える返済方法です。

もともとは変動金利なのですが、当初10年間は固定金利で扱うため、10年以内に返済の見通しがつく人、10年間様子を見るという人に向いています

また10年後には、退職金が予定されている場合や満期金を受け取れる場合など、10年後にまとまったお金が入ってくる予定があればピッタリでしょう。

ミックスという選択肢も

変動金利か固定金利かどちらかに絞ることができない場合は、変動金利と固定金利の両方を借りるミックスという選択もできます。

住宅ローンを借りようとする金融機関で取り扱っているのかを確認してください。また、ミックスと言っても、契約が2本になるだけなので、契約に係る諸費用の負担が増えるというデメリットがあります。

ミックスは、同一金融機関からの借り入れとなってしまいますから、ネット銀行と比較して割高な金利設定の変動金利を選ぶ必要が出てくる可能性もあります。

おわりに

住宅ローンおすすめの借り方は?変動金利か固定金利かについて綴りました。変動金利か固定金利かどちらなのかは、永遠のテーマであるとも言えます。いつ完済する予定なのか計画を立てて返済しましょう。

変動金利か固定金利であれ、借りた後は、毎月きちんと定められた返済を行うのと余裕があれば繰上返済を少しずつでも行うと精神的にも経済的にも気持ちが楽になり、生活に余裕が生まれます。

もし借り換えが可能であれば、住宅ローンを借り換えることも早く返済するためには必要な行為となります。

【関連記事】
住宅ローンおすすめの借り方は?変動金利か固定金利か?
住宅ローン築年数の緩和要件知らないのはアピール不足!
住宅ローンの確定申告の控除必要書類を国税庁でチェック!
住宅ローンの金利推移グラフから読み取れることは
住宅ローンの完済年齢は何歳なのか気になる
住宅ローンには住民票がなぜ必要?新住所求められ驚き経験
住宅ローン控除の確定申告はいつ提出するとよいか
固定期間選択型のメリットとデメリットで住宅ローン選択を
住宅ローン借り換え 他行見積もりで本気度をアピールした経験
マンションの住宅ローンの年数は何年がベストなのか

住宅ローンおすすめの借り方は?変動金利か固定金利か?

どちらもメリットとデメリットが存在します。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.