管理組合

単身赴任がずるいと思われないために!輪番制でも理事を引き受けましょう!

目安時間 4分
  • コピーしました

当マンションの理事は、立候補者が優先され、立候補者がいない場合は輪番制で理事が決定します。

輪番制の場合、単身赴任中の方に回ってくる可能性がありますが、単身赴任中の方でも理事をお願いしても良いのでしょうか。

単身赴任と言っても、毎週末はマンションに帰ってこられる方もいれば、正月休みしか帰ってこない方と色々です。

  • 単身赴任がずるいと思われないために!

単身赴任がずるいと思われないために!

当マンションの理事の選出方法は、以下の通りが基本です。
1. 期間を定めて立候補者を募る
2. 立候補者がいなければ輪番制で決定する

単身赴任者だからと言って、輪番制で回ってきた理事を免除するというルールはありません。

マンションによっては、「実際にマンションに住んでいない単身赴任者を理事に選出するのはいかがなものか?」というところもあり、免除することをルール化している場合もあります。

最近は、対面で行う理事会が減ってきています。ZOOMなどのソフトを用いれば、どこにいても理事会へ参加する環境もあります。

「出張先のホテルから理事会に参加した。」という話を聞いたことがあります。理事会の開催場所がマンションの集会室でなければならない理由はありません。

単身赴任者が理事になった場合、「単身赴任だから」という理由で、理事長や監事などの重要な役職から免除してもらえる可能性も高いです。

そういう意味でも、単身赴任者であったとしても理事として引き受けて頂きたいと考えています。その理由を綴ります。

公平性が保たれる

単身赴任者だけを例外的に扱うことは、不公平感を生み出すことになります。単身赴任者であれば、順番が回ってきても理事をしなくても良いと思われるのは困ります。

マンション住民の区分所有者全員が単身赴任の機会があれば公平と言えますが、家庭により仕事により異なりますので公平を保つ意味で単身赴任者を例外として扱わないようにしましょう。

免除の取り扱い面倒

免除される理由として、単身赴任者である場合は、他の理由でも免除を言い出しかねません。家族の介護があるから、赤ちゃんの面倒があるからなど。

一度理事免除のルールを定めてしまうと収拾がつかなくなります。

マンションでの住み心地

単身赴任からマンションに住むことになった場合、理事を行わなかったことで後ろめたい気分になります。

輪番制の崩壊

輪番制が崩れてしまいます。今後の管理組合の運営にも支障が出る可能性もあります。

あわせて読みたい

単身赴任がずるいと思われないためには、輪番制であっても、きちんと理事の仕事を行うことです。

管理組合がきちんと機能しないと住みやすいマンションにはなりません。輪番制で順番を待つよりも、むしろ課題の解決に向けて積極的に管理組合に携わって頂きたいものです。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   管理組合   0

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。