管理組合

WEB総会のやり方に大京アステージが本気の改革!将来含めて楽しみ

投稿日:

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3密を避けた新しい生活様式が求められています。

マンションで開催される総会においても、住民を集めた従来型の総会からWEBを用いたオンライン総会の開催が検討されています。

大京アステージが、次世代型のマンション管理サービスに本気で乗り出しています。大京以外の管理会社も改革を行うのか注目です。

  • 大京アステージが本気の改革WEB総会
  • さらなるサービスの拡大に期待

大京アステージが本気の改革WEB総会

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3密を避けた新しい生活様式が求められています

株式会社大京アステージと株式会社穴吹コミュニティでは、マンションの3つの老い(建物の老朽化、居住者の高齢化、労働力の老い)に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)による次世代型マンション管理サービスに本気を改革に乗り出しています。

「MiDD Project(ミッド・プロジェクト)」を立ち上げて、ICTやAIを組み合わせた新たなマンションの生活様式を提供することになりました。

「MiDD Project」とは、「未来をデジタルでデザイン」の頭文字(Mirai + Digital + Design)という意味です。

マンションの住民にとっても、管理会社にとっても、双方向にメリットがあるのではないかと思います。まさしくWIN-WINの関係だと言えるでしょう。

従来、「Zoom(ズーム)」などWEB会議システムでも、総会の開催自体は可能であるが、出席者の本人確認が難しいという欠点がありました。

マンション総会を熟知している大京アステージ&穴吹コミュニティだからこそ、必要な機能を盛り込んだWEB総会を提供するものですから、利用できるのではないでしょうか。

さらなるサービスの拡大に期待

WEB総会に留まらず、マンション管理に本気に取り組む姿勢を見せています。

WEB理事会、ヘルスケアサービス、電子契約システム、居住者と管理会社をつなぐアプリ、AI活用による社内データベースの整理、社内業務の自動化・効率化を推進など盛りだくさんです。

マンション管理は、アナログな手法を用いている場合が多くありました。全てをデジタル化することを望むのではありませんが、デジタル化することで便利な機能を期待できるとも多々あります。

今まで、デジタル化に消極的だった管理会社が、デジタル化に向けて動き出していることを評価したいと思います。将来のマンション管理が楽しみです。

あわせて読みたい

やっとデジタル化に踏み切った大京アステージと穴吹コミュニティには、マンション管理の今後に期待が持てます。

「新しい生活様式」を取り入れたマンション管理が求められています。WEB総会やWEB理事会が、これからの主流になるのでしょうか。

同時に管理組合側も、新しい生活様式に順応した理事会や総会を行う必要があります。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.