管理組合

【ZOOM】WiFiなしの場合はどう参加すれば良いの?

投稿日:2020年7月13日 更新日:

新型コロナウイルスの影響で、オンラインによる理事会を開催されるマンション管理組合が増加しています。

新型コロナが落ち着いても継続してZOOMを使った理事会を行おうという動きがあります。ZOOM理事会にしてから、参加者が増えたという思わぬメリットがありました。

しかし、WiFi環境がない理事も中にはいるのも事実です。WiFiなしの場合は、どのように理事会に参加すれば良いのでしょうか。

  • WiFiなしの場合はどう参加すれば良いの?
Sponsored Link

WiFiなしの場合はどう参加すれば良いの?

WiFi環境を持っていない場合は、「フリーWiFiの飛んでいる喫茶店やネットカフェからZOOMに参加しましょう。」と言われています。

オンライン飲み会など、ざっくばらんな会ならであれば、喫茶店やネットカフェからの参加も可能でしょうが、オンライン理事会への参加は推奨できません

不特定多数の方がいる場でのZOOM理事会への参加は行わない方が無難です。

どんな人が隣で聞いているのか分かりませんので、個人情報が漏れたり、マンションの問題点が公になる可能性があるからです。

滞納者の話題に触れたり、決算期が近づくと収支報告や次期予算案などの話題になります。部外者に漏れてはならない情報があるため喫茶店やネットカフェからの参加は妥当ではありません。

では、WiFiなしの場合はどう参加すれば良いのでしょうか。

集会室から参加する

今まで通り集会室からZOOM理事会へ参加します。そもそもZOOM理事会を開催することになった経緯は、3密(密閉・密集・密接)を避ける目的です。

ZOOM理事会にすれば、集会室に集まる人数が少なくなり、ソーシャルディスタンスが保てるということです。

いきなり全員がZOOM理事会に参加できるとは思いません。オンラインとオフラインのハイブリッドで進める理事会が良いのかと思います。

集会室に通信環境がない場合は、ポケットWiFiなどの通信手段の用意が必要となります。

管理人室から参加する

集会室から参加することが出来ない疎外要因として、インターネット回線が用意されていないことがあげられます。

マンションの管理人は、管理会社に報告や指示を受けるために、管理人室に、インターネット回線があるのではないでしょうか。

管理人室は、マンションの共用部分ですから、理事会の時だけ管理人室のインターネット回線を使わせてZOOM理事会に参加することも可能です。

理事宅から参加する

インターネット回線のある理事のお宅から参加することも可能です。

WiFi環境のない理事は、恐らく少人数ですから、理事もしくは理事長宅からZOOM理事会に参加してはいかがでしょうか。

ポケットWiFiを利用して、オンライン理事会参加してはいかがでしょうか。容量無制限でないと安心してZOOMに参加できません。

ポケットWiFiなら、大掛かりな工事を必要とせず、すぐに使えるのが利点です。ポケットWiFi
の使用場所も、自由自在なので、自宅のほか集会室やエントランスロビーからでも利用することができます。



あわせて読みたい

新型コロナウイルスの影響で、ZOOMを使ったオンライン理事会開催するマンションが増えて来ました。

初めからうまく行った管理組合もあれば、スムーズにオンライン理事会が行えなかった管理組合もあります。

理事のメンバーがITに明るい人ばかりとは限らないのが原因です。新型コロナウイルスが落ち着いた後でも、ZOOM理事会の利点を活かした管理組合活動を行うべきという管理組合も出てきました。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.