購入

住宅ローン73歳までとは衝撃の年齢!老後リスク防止には早い決断を!

投稿日:

日本経済新聞が、住宅ローン「フラット35」を提供する住宅金融支援機構の資料から利用者の年齢や融資額・期間のデータを取得したと報じた。

住宅ローン返済の平均年齢は、なんと73.1歳(平均ですよ!)、住宅ローン利用者の9割が80歳近くまでの返済を計画していることが分かりました。

高齢化社会であるとは言え、老後になれば、健康リスクや働けても賃金の大幅ダウンのリスクなどがあります。

老後リスクを防止するには、マンション購入の早い決断が求められるのではないだろうか。

  • 住宅ローン73歳までとは衝撃の年齢!
Sponsored Link

住宅ローン73歳までとは衝撃の年齢!

日本経済新聞が、住宅ローン「フラット35」を提供する住宅金融支援機構の資料から利用者の年齢や融資額・期間のデータを取得したと報じました。

住宅ローン返済の平均年齢は、73.1歳で、住宅ローン利用者の9割が80歳近くまでの返済を計画していることが分かりました。

報じられた内容を読んで、意外と老後まで住宅ローンの計画を行っているのだと感じました。もっと早く住宅ローンを返済しているのかと思っていました。

80歳まで、住宅ローンを返済し続けなければならないと衝撃の事実に驚いています。退職金や年金もあてにならず、老後のアルバイトも余儀なくされている様子が伺えます。

定年までの間に住宅ローンを完済することが理想ではあるが、残念ながら住宅ローン返済の平均年齢は73歳まで続いているというのが衝撃の内容でした。

老後までに住宅ローンを返済するには、早い(=若い)うちにマンション購入を決断するか繰上返済を積極的に行う必要があると思います。

あわせて読みたい

住宅ローンのへ平均返済年齢が、73歳までだったとは衝撃の事実が分かりました。てっきりもっと早くに完済しているものと思っていました。

老後になればなるほど、健康リスクが高まりますので、早めに返済することをおすすめします。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.