購入

住宅ローン減税は2022年以降の入居は環境性能に応じて控除額上限が変動!

目安時間 5分
  • コピーしました

2022年以降の住宅ローン減税がどうなるのか懸念されている方も多い中、ようやく住宅ローン減税の中身が分かって来ました。

控除率を1%から0.7%に引き下げ、所得制限3000万円から2000万円に引き下げとなります。環境性能に応じて控除額の上限が変動することになります。

2022年の税制改正で、住宅ローンの控除額が少なくなるのは確かですが、住宅ローン減税がなくなるわけではありません。2022年以降、住宅ローン減税を受けようとする方は、気をつけてください。

  • 2022年以降入居は環境性能に応じて減税

2022年以降入居は環境性能に応じて減税

「住宅ローン減税」については、色々な情報が飛び交っていましたが、ようやく2022年(令和4年)以降の「住宅ローン減税」の全貌が見えて来ました。

現行の制度では、年末の住宅ローン残高の1%が控除額の上限となっていますが、2022年度は、0.7%に引き下げとなります。

「固定資産税は年末調整で控除できるの?誤解が多い所得税の還付」で綴ったように、「逆ざや」を解消する狙いがあります。

固定資産税は年末調整で控除できるの?誤解が多い所得税の還付

所得制限3000万円から2000万円に引き下げとなることもありますが、環境性能に応じて控除額の上限が変動することになるのが特徴です。

2022年から2023年入居で認定住宅(認定長期優良住宅および認定低炭素住宅)は455万円ですが、ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)は410万円、省エネ基準適合は364万円、その他は273万円です。

2024年から2025年入居で認定住宅は410万円ですが、ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)は319万円、省エネ基準適合は273万円、その他は140万円です。

「住宅ローン減税」が削減されるからと言って、急いで住宅購入を行わなければと焦る必要はありません。

ライフプランに合わせて、必要なタイミングで購入することが後悔のない買い方です。現時点では決定したわけではありません。今後の住宅ローン減税の動きに注目です。

あわせて読みたい

気になっていた2022年以降の住宅ローン減税の中身がようやく分かって来ました。12月の半ばになってから分かるというのは、ちょっと遅すぎではないかと思います。

2020年中に購入するのか2021年以降に購入するのか選択に迫られている方も中にはいるのではないでしょうか。判断するための材料提供はもっと早くても然るべきと思います。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   購入   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。