賃貸

担当者が退職!マンション管理をどうするのか2択から選ぶことに!

目安時間 6分
  • コピーしました

たった1週間でマンションの賃借人を見つけて来た方が、担当者となってマンションの賃貸管理を行っています。賃貸人からは連絡や要望の電話があると伺っていますが、適切な対応して頂き感謝しています。

ところが、その担当者が退職されることになりました。そんなことある?まだ契約してから数カ月しか経過していないのに、「えーっ!そんなことある?」と言いたい状態です。

担当者の退職に伴い、マンションの管理を従来通りの会社に任せるのか、退職後に勤める新しい会社に任せるのかオーナーとしての選択を迫られることになりました。

  • マンション管理の担当者が変更?

マンション管理の担当者が変更?

「マンションを賃貸に出す!家賃設定が決め手か?募集1週間で賃借人が!」で綴ったように、賃貸募集を出してから1週間で賃借人を見つけたのが現在の不動産担当者です。

契約に至るまでには、物件の紹介や内見の立ち合い、その他色々とお世話になっています。入居後も「エアコンのランプがつかない連絡が!原因はブレーカーだった」で綴ったようにトラブルにも柔軟に対応して頂いて感謝しています。
マンションの所在地も把握しており、ブレーカーの位置がどこにあるのかなど理解しているため、非常に頼りになる存在です。

良い不動産の担当者に巡り合うことができたと思っています。仕事とは言え、入居者との適切な対応が行わなければなりません。

色々な入居者とお付き合いしておりますが、非常に細かい方であるということです。数多くの物件を今まで取り扱っている中での感想なので説得力があります。

賃借人とは直接お話をしたことはありませんが、賃借人とオーナーの間を取り持つ不動産仲介の仕事は大変だと思いました。

ところが、不動産屋の担当者が変更となることになりました。現在の担当者が退職されるのが原因です。

出来れば、もっと長く物件の担当をして頂きたかったのですが、個人的な理由もあるでしょうから仕方がありません。

「今後、どこにマンション管理を任せるのかオーナーに決めて欲しい。」と現在の担当者から聞かれました。

従来の会社に引き続き任せるか新しい会社に任せるか2択です。

従来の会社

今まで通り、従来の会社にマンション管理を任せます。今までの管理実績を鑑みるときちんと管理してくれていたという安心の実績があります。

従来の会社に契約を委託したわけだから、担当者が退職したとしても、次の担当者に引き継いで滞りなく今まで同様の管理をしてくれるでしょう。

新しい会社へ任せることになった場合、すんなりと変更が出来るのかが不安です。手数料収入が減ってしまうわけですから、会社の損失となってしまいます。

新しい会社

担当者は、新しい会社へ転職することになっています。担当者が賃借人と面識があり、どんなやりとりを行ったのか全て把握しているところが強みです。

マンションの所在地から部屋の間取りやブレーカーの位置など全て知っているので、賃借人からの問い合わせにも的確にスムーズに応えられるのは強みです。

新しい会社へ任せたとしても、担当者が引き続いて同一物件を任せてもらえるのかは分かりません。新しい会社の経営方針や管理方針があるでしょうからね。

結論と理由

どちらに任せるのか迷ったあげく、新しい会社にお任せすることにしました。一番の理由は、担当者が変わらないという確約を得ることが出来たからです。

賃借人からの連絡も従来通り担当して頂けることや入居当時から状況の全てを把握しているという点が大きいです。

新しく転職する不動産会社は、売買をメインで行っていましたが、今後は賃貸部門も強化していきたいという考えがあるようです。

賃貸物件をお土産に新しい会社へ転職されることになりました。不動産会社の業界では、普通のことなのかなぁ。同業他社へ転職する場合、自社製品や顧客を持って転職することはあまりないような気がしますけどね。

あわせて読みたい

不動産会社も転職が多い業種なのですかねぇ。NHKの正直不動産では、市原隼人さん演じる桐山貴久が、登坂不動産を辞めて独立する姿が描かれていました。

他社に転職すること以外にも、今まで経験を活かした歩き方が出来るのも不動産業界なのだと思わされました。退職という話を伺った時は、独立されるのかと思っていました。

担当者の突然の退職には驚きましたが、他社に移ったとしても今までと同じ良き関係が築けそうです。

  • コピーしました

   賃貸   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ