その他

【日本ハム】新球場の場所どこ?開業いつ?気になるツイッター情報

投稿日:2020年6月3日 更新日:

日本ハムファイターズは新球場を核とする球団本拠地「北海道ボールパーク(BP)」の建設を発表しています。

新駅一体のマンションも建設が行われる利便性の高い立地となるのではと予想しています。

日本ハムファイターズの新球場の場所はどこなのでしょうか。開業はいつなのでしょうか。

  • 日本ハムの新球場 場所と開業日
  • 新駅一体のマンション建設楽しみ
  • ライブカメラが捉える建設現場

日本ハムファイターズの新球場 場所どこ?

日本ハムファイターズは、新球場を核とする球団本拠地「北海道ボールパーク(BP)」を北海道北広島市に開業建設すると発表しています。

2020年に着工して、2023年3月の開業を目指して建設が進められています。


「北海道ボールパーク(BP)」の最寄り駅は、JR北海道の千歳線「北広島駅」で、約1.5kmの距離があります。

シャトルバスか徒歩で移動することになりますが、たくさんの観客が押し寄せる新球場にとっては不便な駅であると言えます。

「北海道ボールパーク(BP)」の建設費用は約600億円、収容人数は約35,000人、地下1階・地上4階。

日本初となる開閉式屋根を取りつけた天然芝フィールドとなる予定です。

北海道ボールパークは、ただ野球観戦のための施設ではありません

北海道原産の食材を使ったレストランやファーマーズマーケット、グランピングが行える施設・マンションの建設など、スポーツでまちづくりを行う基盤となります。

新駅一体のマンション建設楽しみ

「北広島駅」からは遠いという課題を解決するために、新駅の建設が行われることになりました。

利便性の向上や使い勝手の良い「北海道ボールパーク(BP)」となります。ツイッターには、「北海道ボールパーク(BP)」の情報が流されています。その中で気になった文言を発見しました。

ツイッターの情報によると、検討中としながらも、「ボールパーク内にあるマンション住居人は入場券無料」という文言です。

日本ハムファンにとっては、野球観戦が無料というのは、かなり魅力的な特典なのではないでしょうか。

球場に入場しなくても、マンションから野球の様子を伺い知ることができるのではないかと思わせる野球場とマンションの位置関係が、「北海道ボールパーク(BP)」の公式ホームページから伺い知ることができます。

ライブカメラが捉える建設現場のPV数は

「北海道ボールパーク(BP)」の建設現場の様子をライブカメラで確認することができます。

日々刻々と変化する「北海道ボールパーク(BP)」の建設風景をリアルタイムで見ることができます。身近で見ているようで素晴らしい試みだと思います。

日本ハム新球場は何人が見ているのだろうか。PV数も気になるところです。

あわせて読みたい

日本ハムの球団本拠地「北海道ボールパーク(BP)」の完成が待ち遠しいです。

野球に興味のない方であっても、楽しめる要素が詰まっている「北海道ボールパーク(BP)」の建設です。

日ハムのオフィシャルオンライスストアでは、「北海道ボールパーク(BP)」のイラストをあしらったフェイスタオルやステッカー、ランチトートバッグも発売しています。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.