購入

タワマンの問題点は鉄道インフラにも影響!購入時には要検討を!

投稿日:

幻冬舎ゴールドオンラインの記事に「『タワーマンション』が生み出した、『想像を絶する地獄』とは」という興味深い記事が掲載されています。

子育て世代を中心に人口が急増している武蔵小杉駅周辺は、鉄道インフラが追い付かなくて、すさまじい混雑が生じているそうです。

タワマン(タワーマンション)に住むことにあこがれます。しかし、タワマンの問題点が取り上げられています。最寄り駅の渋滞を予想してタワマンを購入しているでしょうか。

ホームページで公開しているマンションから主要駅までの時間の目安では到達できないという覚悟が必要となることを伝えています。

  • タワマンの問題点は鉄道インフラにも影響!
Sponsored Link

鉄道インフラにも影響!

幻冬舎ゴールドオンラインの記事に「タワーマンション」が生み出した、『想像を絶する地獄』とは」という興味深い記事が掲載されています。

テレワーク(在宅勤務)を行っている会社があるとは言え、子育て世代を中心に人口が急増している武蔵小杉駅周辺は、鉄道インフラが追い付かなくて、すさまじい混雑が生じているということです。

朝7時半、JR横須賀線の新南改札から入場待ちの列が路上までのびているとのことです。災害などによって電車が不通に見舞われた経験はないでしょうか。

迂回路線やバスなどの代行輸送が行われるわけではありません。毎日の通勤が不通と同じ状況が続いているとしたら大変なことだと思います。

時差出勤(フレックスタイム)の制度を活用して、通勤時間を変更している会社も中にはあるのでしょうが、大部分の会社は通勤時間が同じなのも混雑している要因なのでしょうね。

現役を引退して、通勤ラッシュの時間帯とは無関係であれば良いですが、現役世代の方はタワマン購入時に最寄り駅の様子を通勤時間帯に見学することも重要な判断材料となりますね。

教育環境にも影響!

タワマン(タワーマンション)が増えたことで、武蔵小杉の子育て世代は、保育所に入りたくても入れない「待機児童」の問題にも影響を受けています。

小学校のキャパシティも追い付かず慌てて整備を進めている状況です。しかし児童数に応じた適切な広さの運動場を確保できず、教える教員の数も不足するという問題も生じます。

やはり急激な人口増には、インフラが追い付いていない実態が明らかにされています。タワマン(タワーマンション)の購入には、インフラにも気を付ける必要があると分かった幻冬舎ゴールドオンラインの記事「『タワーマンション』が生み出した、『想像を絶する地獄』とは」でした。

ひろゆき2階に住め

このブログを書いている時に、YouTubeで圧倒的な人気を集める「ひろゆき」さんが、タワマン(タワーマンション)にすむのであれば、2階に住めと言っています。それも賃貸の物件です。

確かに、エレベーターの渋滞問題からは回避できるかもしれません。プールやジムなどの共用設備も使えるのもメリットです。

しかし、駅周辺の混雑は避けられそうにありません。70歳や80歳の高年齢になった場合に、貸してくれる家があるのかは疑問ですけどね。

あわせて読みたい

タワマン(タワーマンション)に住みたいと思う理由は何でしょうか。優雅に窓から大パノラマを眺められることでしょうか。ステータス的な理由なのでしょうか。

セキュリティが充実しているから、共用施設が整っているからなど色々な理由が考えられますが、タワマンに住むデメリットも考えて購入しましょう。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-購入

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.