その他

書斎を作るDIYでクローゼットに!クロフィスで快適テレワークの実現を

投稿日:2021年6月2日 更新日:

新型コロナウイルスが収束しても、テレワーク(在宅勤務)が続きそうな会社も多いのではないでしょうか。

オフィスビルの縮小、交通費や移動時間の削減、生産性の向上などテレワークならではのメリットを知ってしまったからです。痛勤電車に揺られながらの勤務が果たして良いのかが問われた新型コロナウイルスです。

海外で話題となっているのが、クローゼットをプチオフィスに改造する「クロフィス」です。簡単なDIYでクローゼットを書斎として用います。書斎のない方は、是非チャレンジして頂きたいと思います。

  • クローゼットに書斎をDIY!クロフィス
Sponsored Link

クローゼットに書斎をDIY!

「テレワークの場所は個室の設置を!木製で落ち着いた空間作りを!」では、国産杉材で作成されている小さくてもテレワークを行うための環境「WOOBO(ウーボ)」を紹介しました。

クローゼットを書斎にDIY(Do-It-Yourself)する「クロフィス」が話題となっています。

新型コロナウイルスの対策で、急遽テレワーク(在宅勤務)が始まった会社も多いのではないでしょうか。

導入当初は、違和感がありましたが、だんだんと社会全体にテレワーク(在宅勤務)の風潮が高まり、自宅で仕事をする人が増えて来ました。

会社側としても、新型コロナウイルスの感染予防となるほか、オフィスビルの縮小・交通費や移動時間の削減・生産性の向上に寄与することが分かり、新型コロナが落ち着いたとしても、テレワーク(在宅勤務)を続ける会社も多いと予想しています。

新築マンションの中には、テレワークを前提に間取りを設計したり、共用部分にコワーキングスペースを設けるマンションも多く存在しています。

既存のマンションでは、スペース的に簡単にテレワーク用の個室を作ることは難しいため、海外では、クローゼットを書斎に改造した「クロフィス」が注目されています。

クローゼットは、生活空間とは隔てられたコンパクトな空間であり、仕事専用のスペースと認知しやすく、オン/オフをつけやすくするというメリットがあります。

改造する面積も小さいためDIY初心者でも取り組みやすいことも「クロフィス」の魅力となっています。

DIYであれば、自分好みにカスタマイズできます。好きな壁紙を貼ったり、棚板の大きさや高さ・位置の調整もオリジナルにDIYできます。

クローゼットの扉の裏側にメモ用の黒板シート(壁紙用)を取り付けたり、工夫次第で使いやすい快適な空間を簡単につくることが出来ます。

テレワーク用を行わない場合でも、子どもの勉強スペースや奥さんの家計簿付けのスペース・読書スペースと「クロフィス」の用途は広がります。

「本格的なDIYは行ったことがない!」という方も、ホームセンターに行けば必要な材料が購入できますし、簡単な加工(カットや穴あけ)もホームセンターで行うことが出来ます。

「クロフィス」で、テレワーク(在宅勤務)がさらに快適になるのかもしれませんね。

あわせて読みたい

新型コロナウイルスのワクチン接種も、なかなか進まない状況の中、東京オリンピックを開催するのかどうか疑問となっています。

開催国としてのメンツなのかどうか分かりませんが、開催するのか中止するのかはっきりとして頂きたいと思っています。

快適なテレワーク(在宅勤務)空間を目指して、DIYすることも楽しみのひとつとなります。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

あわせて読みたい

-その他

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.