購入

住宅ローンの借り換え判断は3つの数字に着目!条件を把握して実行しましょう!

目安時間 5分
  • コピーしました

毎月の住宅ローンの負担は大きいものがあります。少しでも負担を軽減するためには、面倒でも住宅ローンの借り換えを考える人も多いと思います。

雑誌「女性セブン」9月9日号の「もっと削れる!知らなかった『家計の固定費』の真実(37ページ)」では、住宅ローンの借り換えると良い3点の条件が記されています。

長期間に渡ってお付き合いしなければならない住宅ローンの返済は、家計に大きな影響を及ぼすだけに、分岐点となる3点の条件を把握することをおすすめします。

  • 住宅ローンの借り換え判断は3つ

住宅ローンの借り換え判断は3つ

雑誌「女性セブン」9月9日号の「もっと削れる!知らなかった『家計の固定費』の真実(37ページ)」では、住宅ローンの借り換えると良い3点の条件が記されています。

「女性セブン」に掲載されている3点の条件は、すでにご存じの方も多いと思いますが、知っていても面倒だという理由で、そのまま借り続けている人もいるようです。

手続きが面倒、手数料が必要となる、手続きの時間がないなどの理由で分かっていても借り換えないのは非常に勿体ないことです。

是非3点の条件を把握して、現在借りている住宅ローンの条件に当てはまるかどうか確認して頂きたいと思います。

残高1000万円以上

条件の1点目は、住宅ローンの残高が1000万円以上残っているのが条件となります。まずは住宅ローンの残債がいくらなのかを把握しましょう。

返済期間10年以上

条件の2点目は、返済期間が10年以上残っているのが条件となります。

金利差1%以上

条件の3点目は、現在の住宅ローンの金利と借り換え後の住宅ローンの金利差が1%以上違わなければ借り換えてもお得にはなりません。

シミュレーションで確認を

下記のサイトは、イオン銀行の借り換えシミュレーションです。現在の住宅ローンの原状と借り換え後の条件を入力して、シミュレーションしましょう。

こちらは、みずほ銀行のシミュレーションサイトです。

借り換えを行おうとしている金融機関で、申し込む前にまずシミュレーションを行ってから判断すると良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい

住宅ローンは、長期に渡ってお付き合いしなければなりません。無理のない返済計画を立てるのがコツですが、少しでも返済金額を少なくするためには、住宅ローンの借り換えを考えるのも良いですね。

ただし、上記3つの条件が全て揃わない場合は、下手に借り換えを行わずに繰り上げ返済を行うか金利を下げてもらうように金融機関に交渉するのが良いでしょうね。

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。
  • コピーしました

   購入   0

この記事を書いた人

info-mansion
info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。

info-mansion

info-mansion

独身でマンションを購入し、売却を経験した管理人です。失敗や後悔をすることがないように経験から得られた知識を発信することでマンション購入のお役立ちとなるように願っています。「マンションは管理を買え!」と言われるように、購入して後悔のないように願うばかりです。理事長や副理事長の経験もあり、管理委託費の削減も行いました。


矢印 ←ダウンロード可能なブログ記事です。自由にダウンロードしてお使いください。


マンション情報お役立ちブログのテンプレートは、「THE WORLD2.0」を使用しております。機能的にもデザイン的にも優れたテンプレートです。感想レビューはこちら
 人気記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メルマガを購読する
更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。