管理組合

無人受付端末「よくらす」で利便性と資産価値の向上に!

投稿日:2021年1月31日 更新日:

セントラル警備保障株式会社(CSR)が、マンション用無人受付端末「よくらす」を販売します。

新型コロナウイルスの流行を発端とした対人接触機会の回避、デジタライゼーション(Digitalization)の加速、新しい生活様式に合わせた対応であるとのことです。

マンションの維持向上だけではなく、利便性や資産価値にも影響する無人受付端末「よくらす」は、管理人のコスト削減にもつながるのではないでしょうか。

  • 無人受付端末「よくらす」
Sponsored Link

無人受付端末「よくらす」とは

セントラル警備保障株式会社(CSR)が、販売したマンション用無人受付端末「よくらす」は、今まで人手を介していた共用施設の手続きやマンションに関する情報共有を無人受付端末で運用することが出来ます。

新型コロナウイルスの流行で、出来れば人手を介さない非接触で手続きを進めたいニーズをとらえた無人受付端末なのではないかと思います。

共用施設の予約や各種申請書類の印刷など、マンションに合わせたお知らせや緊急表示を行うことが出来ます。

スマートフォンにも対応していますので、わざわざフロントで手続きする必要もありません。

マンションの管理人の工数削減にもつながり、マンション住民や管理組合・管理会社にとってもメリットがあるのではないでしょうか。

鍵管理システムに格納された共用鍵の貸し出しや24時間録画カメラと非常押しボタンを搭載しています。無人受付端末には災害時の非常電源まで用意されています。

サービスの開始は、2021年4月1日からですが、電子マネー決済や宅配ボックスの着荷通知機能まで搭載する予定です。

ますます便利になる無人受付端末「よくらす」が、セントラル警備保障株式会社(CSR)より発売になります。

無人受付端末は、機器買取方式(保守契約別途必要)のほかに、機器レンタル方式(保守契約含む)も用意されています。

あわせて読みたい

更新情報のメールが届きます。メールアドレスを入力して「購読!」ボタンを押してください。最近、メールが届かないという問い合わせがあります。メールが届かない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

-管理組合

Copyright© マンション情報お役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.